うさぎ page2019 終了しました。

最近、「人手が集まらない・・・」というお言葉を聞きます。どうやら業種には関係なくこういった傾向があるようです。
企業としては、「利益を出す」という事が最終目的であることは間違いないのですが、付加価値を増やして高く売る、コストを減らして利益を多くするのどちらかではないかと・・・(諸説あります)
手数(検査等の非生産工程)を減らしてコストを下げることは禁じ手です。これは最終的に、大きく利益を減らすことになるから・・・と考えています。(諸説あります)
しかしながら検査工程を行う事で売り上げを増やす(値上げ)という事は「顧客の理解がなかなか得られません。」

付加価値を増やしつつ、コストを下げられれば・・・という事を目指して今回の展示を行いました。
反響は・・・検査工程が必須ではないという業者様が多かった・・・・です。
もちろん、検査が必須という方も多数いらっしゃいました。

展示会全体で見れば、今年に関してはメーリング関係の方は少なかったです。
時代の流れを感じます。


うっかり写真撮り忘れてしまいました。
今回の展示会では、過去の展示会以上に意見をいただいたような気がします。
ご来場ありがとうございました。



うさぎ 早いものでもう一年。再び展示会です。今年もpage2019に展示します。すでに昨日、今日で準備を終了し、明日からは本番の展示期間になります。
たくさんの皆様にご来場いただける事楽しみにしております。

今回、内装を業者に委託しましたが・・・

ここから


ここまで45分・・・。

仕事早いです・・・。

今回の目玉は・・・表面改質 タナック製SJ-20K 印字見本になりますが一度ご覧いただきたいです。





うさぎ 長らく更新できず申し訳ありません。
色々と事情がありまして、気が付けば12月・・・しかも年末・・・。

アクセスパスワード忘れて一苦労でした。
仕事がらみのブログから再開です。

来年2月6日~8日池袋サンシャインシティコンベンションセンターで行われる「page2019」に出展します。
今年のコンセプトは・・・。

女性 「いままでコンセプトなんかありましたか?」
うさぎ 「あったけど、発表してなかっただけです。ご期待ください。」

女性 「ホントかな~・・・」



page2017 開催中です。
3日間の開催ですが、初日が終了しました。

今回は、EZフィーダー進化形とEZフィーダーインサーター出口カメラを展示しています。

またカード関係では、カード用フィーダー、ウェット洗浄機、を展示しています。

機械はありませんが、表面改質技術について浜松ホトニクス様のご協力をいただき展示しています。

昨日は初日は会場全体で21160名の来場者でした。

たくさんの方のご来場をお待ちしています。

うさぎ 海外レポートです。
6月のことですが・・・・4年に一度のDRUPAがドイツで開催されました。
印刷関連の展示会ですが、年々インクジェットの比率が高くなってきています。
プリンターメーカーは2400dpiというのがベンチマークになっているようです。
ただハード、インク、用紙などの条件でで印刷の品質が左右されるので今後の進展に注目しています。

インサーター関連ではベーヴェ、カーン、ネオポスト、ウィンクラー、P
B、などです。
ただインサーターは技術的に成熟してしまった感があり、 「こんなことできるようになりました」というのは見つけられなかったです。
インクジェット系では表面改質を行いながらカードに印字するプリンターが興味深かったです。
弊社でも同様のプリンターを製造していますが、表面改質の方法が異なります。
DRUPAではプラズマ トリートメントと呼んでいました。
いわゆるプラズマ処理です。
弊社ではエキシマランプにより表面改質を行っています。
方法は違いますが、CH結合の分子鎖を切ることで、結果として濡れ性を改善するということは同じです。
メリットの方が大きいのでエキシマを採用していますが、欠点もあります。これについては後程・・・・。


このあたりは昨年、国内最古の印刷技術専門誌 「印刷雑誌」に寄稿していますので興味のある方はそちらのバックナンバーを・・・。
弊社にはあと3冊ほど在庫がありますが・・・・。



うさぎ こんにちは。今年もまたPAGEの季節になりました。
今年は何年か連続で展示をしていましたが、弊社ブースでの展示は行ないません。

今年は、ここ数年続いていたベーヴェシステックジャパン様との共同開催という形は昨年同様ですが、今までは半分はベーヴェシステックジャパン様のブースで半分は弊社ブースという形を取っていましたが、今回は弊社のブースの割合はありません。

思い返せば PAGEの最初の展示はEZフィーダーを単体で展示しました。出口はコンベアで・・・。
今回はEZフィーダーの展示もありません。

話はそれますが、EZフィーダーは多分完成しました。現在全国で4台の機械がインサーターに接続して納税通知書の業務を行っていますが、今までにミスやクレームは発生していません。必ずお役に立てる機械だと自信を持ってオススメします。
特に山形県酒田市様のように、クオリティとセキュリティを重視される方には最適です。
仕様については以下の過去ブログ酒田市役所12にまとめてあります。その他のブログは観光だったり、文化だったり、マンホールだったり・・・です。
そちらの方が好評という一部マニアの方もいらっしゃいますが・・・。

酒田市様に関する過去ブログ
http://www.ezawajimuki.co.jp/blog/?s=%E9%85%92%E7%94%B0%E5%B8%82

女性 では今回は何を展示するのですか・・・?
今回は今まで書きたくても書けませんでした。秘密裡に進んでいましたので・・・。
今回は昨年展示したインクジェットプリンター BS-jet (AFITソフトウェア 京セラインクヘッド 浜松ホトニクスUV-LED )に関係する技術展示を行います。
従来展示会は、「販売できる、または販売している商品を展示」という意味合いでしたが、今回は「新しい技術にチャレンジしている技術だけの展示」というところが大きく異なっています。
ですので展示している機械は「売れません」
具体的には従来、印字が難しいとされていた媒体(プラスチックなど)の改質を行うことで濡れ性を改善し、定着させる技術を展示します。

ニヒル 「もう完全に本業と掛け離れていると思いますが・・・・」
うさぎ 「よく言われますどころか、全員から言われています。」 「でもこれはチャレンジする価値があると思っています。是非見ていただきたいのでベーヴェシステックジャパンのブースへお立ち寄り、うさぎを探してください。」


うさぎ おはようございます。
先週は福岡は博多で九州印刷情報産業展に行って参りました。


弊社はベーヴェシステックジャパンが展示した京セラUVインクジェットプリンター + 浜松ホトニクスUV-LED のお手伝いでした。
うさぎ のお仕事は機械の運転要員です。

自己評価としては良い感じのデモンストレーションができていたのでご来場いただいた方には高い評価をいただけたのでは・・・と思っています。

ところが・・・いざビデオ撮影となると緊張してしまって・・・・。ちょっと載せ方の手際が悪く「撮り直し」しました。


会場の国際センターまでは駅前から10分程度です。
朝のタクシーでのこと・・・。
うさぎ 「おっこんなところに不二子ちゃんがいますねぇ」
運転手さん「このルパンファミリーは御利益有るんですよ。コレは頂き物なんですけどLOTO6で1億6000万当たった方からなんです。」
「実際、お客様の忘れ物も本当に減りましたよ。」
B社むむっうさぎ 「お~それは御利益あるかも・・・」
うさぎ博多のタクシーは5000台あるので、5000分の1を目指して探してみましょう。

うさぎ 前回は納品前検収でした。
ちゃんと動いたので一安心です。ホッ・・・。
今回はpageの報告でのびのびになっていたEZF for Varioです。

まずはVarioインサーターから簡単にご説明します。
ベーヴェシステックが製造販売する中速機に相当するインサーターです。
インサーター本体に各ステーションやカッター等のチャンネルをユニットごとに増設が可能なインサーターです。
最初は2ステーションで運用を開始したが、あとから同封物のステーションを増やしたいや1チャンネルの運用から2チャンネルでの運用に変更したいなどユーザーの要望にユニットを増設する事で対応することが出来ます。

今回のpage2012はベーヴェシステックジャパン様と昭和情報機器様との共同開催です。
ベーヴェシステックジャパン様には Vario + EZフィーダー という形での展示をしていただきました。

Varioはカッターやフィーダーなどの処理ユニットと接続するためにインサーターにコレクターを搭載しています。
EZFは本来1台完結型フィーダーなので自身でコレクターを搭載していますが、EZF for Vario ではインサーターのコレクターを利用した接続を行います。
もちろんEZFの本来の性能であるランダム厚みに対応したカット紙フィーダーの機能や等厚のカット紙フィーダーとしての性能はスポイルしません。片側剝離用紙やコンビニ収納用紙などを搬送できます。

ニヒル 「でも今回動かなかったでしょ・・・。」
うさぎ 「申し訳ございません。」(平謝り・・・)「ちょっと開発が間に合わなかったです。」「とりあえずイメージだけの展示です。」

うさぎ 「イメージだけは良い感じになりました。カメラとソフトウェアを搭載できませんでした・・・。」「Varioインサーターは今うさぎがちょっと興味有るんです。実は・・・。次期戦略戦闘機を購入する時の候補です。これを2チャンネル+EZFができたらいいなぁなんて・・・・ムラムラと妄想をしています。」

女性 「想像でしょ!」

うさぎ 「でも・・・これはかなりイケると思います。」



うさぎ こんにちは。今日はやっと展示会の事書けそうです。
今回の展示会は昭和情報機器様とベーヴェシステックジャパン様の共同出展です。page2012
一番手前にベーヴェシステック様のVario+EZF  左奥にはピツニーボウズ様のメールスター+EZF  右側奥には柱の陰で見えませんが昭和情報機器様のVarioStream7120があります。

今年の2012では VarioStream7120で高精度印字が必要なGS1-128を印字するコンビニ収納対応納税通知書を仮定したデモと、片側剝離紙がついている健康保険証を仮想した用紙に印字するというデモを行い、
ピツニーボウズ様から借りた、メールスター+EZFでの封入作業をご覧いただきました。
またEZFはベーヴェシステックジャパン様から提供いただきました Vario+EZF という新しい形を提案させていただきました。
これは製造が・・・・申し訳ありません。間に合いませんでした・・・・・ので形だけでの展示になっています。

ところでEZF(イージーフィーダー)はどんなフィーダーかと言いますとちょっと変わった特徴があります。
EZFはランダム厚みに対応したカット紙フィーダーです。もちろん等厚のカット紙フィーダーとしても利用できます。カメラで制御することでランダム枚数の名寄せを可能としています。
用紙を平らな状態で搬送するため、片側剝離用紙やコンビニ収納用紙などを搬送できます。
折り済みの用紙の搬送には適しません。折り機を通すことが出来ない用紙の搬送に威力を発揮します。
  

EZFは1台でカメラ制御による名寄せ、OCR連番読み取り、各種バーコード読み取りを行い、厚みの検査を行った上で合格した成果物をインサーターに投入する1台完結型フィーダーです。あらゆるインサーターに接続でき、チャンネルとして使用できるのでカッターとの2チャンネルマッチングができます。
と書いてもよくわかんないですよね・・・・。一応イメージを・・・・・下に・・・。





何度もご紹介していますが動画です・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=L6psY30X5gI
これはビテッセRに接続して固定枚数の4枚製本+4枚バラのコンビニ収納対応用紙での画像です。
すべてのGS1-128を読み取ってn桁からn桁までの納税通知車番号が同一であることを検証してからインサーターに投入しています。画像では全く解らないと思います。

うさぎ 「ご覧いただいたお客様にもこれは良いと言っていただいているのですが・・・・・」
女性(経理) 「全く売れないんですよね怒
うさぎ 「はぁ・・・その通りで・・・。マニアには受けるんですけど・・・・・」「ちなみに第3世代を完成しています。世の中に第3世代が3台今年稼働します。第1世代が2台稼働中です。」
ニヒル 「あの~第2世代はどうしたんですか?」
うさぎ 「はぁ・・・・。売る前に第3世代の新規開発に入ってしまったんで販売期間がまったく無かったんです・・・。」
女性 (経理)  「なに~怒
うさぎ 「だって納得いかなかったんだもん・・・。だれも買ってくれて無くてよかった・・・。ホッ・・・。」
女性 「ホッ・・じゃない怒

うさぎ ということで展示会でも申し上げましたが・・・・「弊社製品は改良のため予告無く仕様をバンバン変更します。」その上、「あんまりお買い求め易い価格じゃないです・・・。」

ねこいぬにわとり 「だめじゃん・・・」

うさぎ みなさんこんにちは。今日から、数回に分けてpage2012を振り返りたいと思います。
弊社はいろいろと機械を展示したのですが、今回は最も反響が大きかった?1枚だけフィーダーをご紹介したいと思います。

うさぎ 「え~これには開発裏話がありまして・・・・。」
にわとり 「開発費に巨額を投じたっていうヤツですよね・・・。」
うさぎ 「はぁ~・・・、こんなんに随分入れ込んでしまいました・・・・。」

にわとり 「早速見せて下さいよ。」
うさぎ 「まずは開発ストーリーから・・・。」

にわとり 「いちいちめんどくさいブログですな怒

開発ストーリー

手作業ではよくある業務です。たとえば100枚の中身と100通の封筒で作業を終了すれば完成封筒は100通です。
にわとり 「えっそれ普通でしょ!!」
うさぎ 「そうじゃないんですヨ。必ず手で用紙をめくりやすいように揃えるのですが・・・・」

うさぎ と揃えた山が崩れてしまってもう一度揃えなおしたり、1枚ずつ上手くめくれなかったりして2枚入ったり・・・

うさぎ あげく、あってはならない誤封入・・・・。勿論完成品数量検査や連番確認など防ぐ手だてはあるのですが・・・・、人間はなかなか徹底できません・・・。
うさぎ 薄い紙なんか手で引っ張ったときに風圧で舞っちゃったり・・・、さらに紙の山が少なくなってくるとめくりにくくて・・・・。
にわとり う~ん。なるほど・・・、確かに手作業でミスを防ぐって永遠の課題ですね・・・。どうしたら良いんでしょうね?
うさぎ そこで!!星 「いいものがあるよ」 トントン


うさぎ 最初の1枚だけ右側のノブをくるっと回して・・・・、紙を引っ張ったら次の紙が出てきます。
うさぎ 用紙の厚さや紙質が違っても理論範囲なら大丈夫です。
にわとり おーこれは意外に良いかも・・・。さすが巨額開発費を投じただけありますな。
うさぎ え~。この開発ストーリーに・・・。
にわとり まさか開発費はマンガ?!
うさぎ  そうですが何か・・・自信作です。

追伸 うさぎ です。この開発ストーリーはノンフィクションです。モデルは実在の相談者をイメージしました。
1枚だけフィーダーはかなりいろいろな用紙をさばくことができます。でも過信しないで慎重に作業して下さい。手作業は本当に怖いですよ。

pageでは上のノブを回していた方が多かったですが、回す必要は全くありません。ほぼ無調整です。 




提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..